--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-12-31

今年のおさらい

今年も終わりになりました。昨日やっとこさ年賀状を作り終えた。前の日にプリンタを破壊してしまい途方にくれていたら課長がキャノンのポータブルプリンタをかしてくれた。その小ささに一抹の不安を抱いていたが、いざ使ってみると奇麗だわ早いわbluetooth搭載だわで最高、ちょっと買い換えたくなった、こういう物も進歩してるんだね。
今日は東京の友達が帰省していたのでいつもの「しっくり来る」メンバーでお食事会プラスα。つくづく岡山も食べるところ多くなったな~と感じた。最近は有る程度人が入ったことろならまず失敗することは無い、元々味に疎いオレにはあとは雰囲気と値段だけが判断基準なんだけどね。あとこの東京男が俳優志望という事も有り、この前東京に行ったときに世話になったお礼に宣伝用ホームページでも作ってあげるってことになり、夜中駅や線路でいろんな写真を撮りまくってきました。見せることを特に意識して撮るってのがこんなに難しいとは思わなかった。一番イイ表情やアクションを撮るにはやはり連射機能がいるなぁと感じた、けど実は撮ってて面白かった。まあこの休みで色々素材を試してみましょうかね。

さて去年にも増して今年は好奇心むき出しで行こうと思ったのですが、仕事の関係で全てが中途半端、でもその分生活のメインである仕事は大変成長できたと思うし、自分の仕事がほんのちょっと好きになった。まあそれが一番だと思うからいいか。例年にも増して今年は葛藤の多い年ではあったが・・・とにかく昨日の新庄じゃないけど「何でも楽しむ」ってのをつくづく感じ、それを多少なりとも実行できる体質になった。これはオレにとって非常に貴重で大きな一歩だと思う。切れてた友達とも遠回りしたけどまた同じ方向を向けることが出来たし、トータルで点数を付けるなら90点くらいかな。

さて来年はどんな楽しいことが待ち受けているのでしょうか?時間が足りないって思えるように来年も中途半端に広く浅く何でもいい加減にやっちゃいましょう。

special thanks2006
家族、親戚、会社の人々、悪友共、ダウンタウンと仲間達、長渕剛、ザ・たっち、佐藤さん、pixer、PC、東京でお世話になった人々、ブログ・ページを見てくれた方々and spit-g

さ~て、正月はグダグダの生番組見るのイヤだからバイクでも乗りましょうかね。

061231_1445~0001.jpg


それではみなさん”良いお年”
スポンサーサイト

2006-12-24

久しぶりのバイク

今週は久しぶりに1年前の頃のような淡々とした土日でした。
歳なのか暇だからか細木が言ってたからかしらないけど、とりあえずオカンが先祖の墓掃除をするっていうので、初めて俺も掃除することにした。田舎特有の彼岸や盆、年末年始のしきたりに疎いのでできるだけ参加しておこうと常日頃から思っていたからその第一弾ってことになるな、田舎は大変だ。でも100年前から比べても、省かれたものも多いだろう。
どうせやるんなら他の家の墓よりキレイにしたく思うのが小市民精神、とにかく普段掃除しないところまで掃除してピッカピカにしてやった。ホントならペーパーで磨きたいくらいだったけどそれはまた来年にしておこう。それにあまりキレイにしても「コケがついて年季の入った方が良いぞ」などと訳の分からない年配のセンスがあるかもしれないし。
とにかく土曜日は掃除の日にしてやろうと、今度はいつも正月休みにやってる車の掃除をした。無精の俺はワックスなど年2、3回しかやらない、長期休暇の時だけ。だから一生懸命ワックスをかけてやったが、途中で機械の電線が切れて手がけワックスになってしまったので、左右の出来が違ってんじゃないかな~と思う。
とにかくウチのゴン(メス犬のくせに…まあ小野妹子とか郷ひろみのようなもんか)もあまりの奇麗さに、紐が足にループ橋状態になってた。
CA280158-0001.jpg

この後カップルだらけのイオンに用事で行ったり何だかんだと夜まで色々忙しい一日だった。
この日オカンが昼飯を作るのが面倒だと何処か食べに行ってこいと言われ、外に出たのだが、ラーメン、うどん、焼き肉、マック、牛丼やハンバーグの店の前を通っても全く食べたいと思わない、こんなトップテン入りなメニュー達を前にしても食べたく無いなんて今までの人生で無かったことなので、自分でも気持ちが悪くなり、何か病気なのかと不安に思いながらも何も食べず家に帰ると、オカンが文句を言いながら秋刀魚を焼いてくれた…メッチャ旨かった。夜はハンターのオトンが取って来たイノシシの味噌キムチ鍋、ご飯2杯にさらにラーメンを入れて食べた。次の日も2杯食べた…単純にそれらが食べたい気分じゃ無かったってことなのかな?やっぱり家のご飯が一番だねと改めて感じた。

そして日曜日の普通日記

2006-12-19

換装完了

この前の東京ツアーでは殆ど食事等に金を使い、土産といえば土産話くらいしか持って帰らなかったのだが(中学生の如く隠し金があることを昨日気付き、悔しい思いをした)、唯一パソコン関連のパーツを入手していた。
それはアップグレードカードとメモリ。うちのパソコンは時代の波に流されて購入したpowerMAC G4のAGPグラフィックスというモデルで、もう7年近くになる。この前ディスプレイがポシャって交換したのであるが、本体そのものも、不安定なことが多く音も出て来た。何より遅い、昔はWINなんて目じゃ無い起動時間を誇っていたのに、今はイライラする。
何とかこの事態を解消しようと以前から考えていたのだが、このたび秋葉原に行くということをきっかけに、これらを購入することにした。愛着が有り、新替するのも勿体ないから。
アップグレードカードというプロセッサ速度アップツール。交換するだけでプロセッサを現世代の速度と同等な能力にすることができるというもの。今回は予算の関係と、高いのを買うならMac-miniが買えると思うと悲しくなりそうなので、巷でも一番実績の有る簡単交換可能のsonnetのcrescendo/st G4用の1GHzを24000円で購入(あまり通販とでも値段に差は無い感じがした)これでも以前の400MHzと比べると単純に2.5倍の早さになる。また何年かしたら交換すれば良いだろうし。
次にメモリ、さすがに256MBでは時代の流れに乗れないようで、最近のアプリケーションでは推奨サイズ以下になる。そこでまとめて購入を理由にネゴをして1000円引きの5800円で256MBを購入。できれば512MBが1本欲しかったのだが、その時は隠し金の存在に気づいてなかったので、購入しなかった。これもいよいよとなれば購入すれば良いでしょう。
さて、交換作業に入ります。

2006-12-17

おもいでゴロゴロ

やっと先程帰ってきました。やはり久々に乗る飛行機はあまり気分の良いものではありませんでした。はやり無駄に想像力の達つ私には、何かあった時の絶望感を想像してしまい、無駄に怖がってしまうようです、実際は最高の技術に最高の整備に最高の監視、支援システム、時間が買えるという意味では最高のコストパフォーマンスなんですけどね間違いなく。
でも怖いものは怖い、あの離陸時の絶望感と着陸時の不安感は何度乗っても消えないでしょう。
061217_1655~0001.jpg

でも飛行機大好きMさんのおかげで何から何まで上客扱いで、検査は早いは荷物が出てくるのは早いは極めつけは飲み放題のANAプレミアムラウンジに入れるし、ココまで差を付けるとは人間って差別をしないと生きて行けないんでしょうね。

しかしこの3日間は俺の人生の中でベスト3に入る思い出の残るものとなった。
好きな仲間と行きたい場所に行き、好きな物を食べ、好きなことをし、見たい物を見、買いたいものを買い、金のことは度外視、後から思えば面白ハプニングも有り、初めて見るもの多数、大切な仲間の幸せを心から祈り、仲間で喜び合い、感動に涙し、濃密過ぎてこれを色で表すならまっ黒って感じだ。おかげで財布はスッカラカンです。明日からど~しょ~。

061217_1056~0001.jpg

今日は定番秋葉原に行き最近の流行をチェック&レア物の物色その後は御徒町からアメ横を歩き、年末が近くなり最高潮に達しつつある活気を味わった。
秋葉原という町は間違いなく俺にとっては世界一の流行の早い世界一いろんな意味で面白い町だろうと、他の都市に行ったことが無くてもそう思えたし、色々経験してるMさんもそう言ってた。
それらを総合するとこんな経験は東京だからこそ出来たことだろうな、このまま居着いてしまうと多分1ヶ月で俺はダメになってしまう、たま~に来るからいいんだよ多分、この世界一面白密度の高い東京ってことろは、同時に田舎の良さも実感できたし。
とにかくこんな経験をさせてくれたSには感謝感謝だ。

2006-12-17

夢実現。

20061217002339
この前東京に行く前ブログに行動目標を書いてその中に
「警察24時みたいな場面に遭遇する」
なんて冗談で書いてたのが現実になってしまいました。ホテルの隣のビルが火事みたいで消防車が6台位来てます。幸い大したことではないみたいですが。
さっきは部屋でフルーティンでくつろいでいたら薄いカーテンしか閉めてなかった。
東京は怖いことろです。

2006-12-16

良かった

20061216212757
今結婚式を無事終えて帰って来ました。久しぶりの友人との再開、岡山でプチ事故ったバイクも元気に復活してました。彼や彼の友人とも楽しく飲めたし、今日の結婚式も笑い有り涙有りで素晴らしかった。
後は明日秋葉原ツアーと恐怖の飛行機を残すのみ。楽しいことは過ぎるのもまた速し、って感じですね。
今は五反田のホテルにいますがとってもいやらしい町で昨日の歌舞伎町同様誘惑でいっぱいです。

2006-12-16

さすが不夜城

20061216005200
20061216005159
さっきまでなんかオリのような個室型のバーで飲んで今終電で帰ってますけど乗車率95%くらいです。あの有名なゲートを抜け呼び込み50人位に声を掛けられましたが何とか生還しました。また我慢の経験値が上がって自制心のレベルアップをしてしまいました。明日海の博物館行けるかなぁ~

2006-12-15

到着

20061215212223
やっと到着、友達とも合流しました。しかし人多杉です。今は新宿のハワイアンレストランです。フラのショーもあってなかなかです。
まだまた帰りそうに有りません。

2006-12-14

準備

明日から結婚式の為、大都会東京に行きます。岡山から3時間、帰りは最悪の飛行機。
せっかく行くからには何か得るもがないとと思い、思案した挙げ句、
1、船の博物館
2、東京タワー
3、秋葉原
4、テレビに出てた新宿のドーナツ
5、友達に会う
6、オカンに頼まれた宝くじ
7、警察24時みたいなシーンに遭遇する

に決定しました、結果は携帯で速報流します。

今週ちょっとずつ荷物を詰めているのですが(当の本人より準備時期は早い)、
やはり55cmのケースだと小さいかも、スーツと靴で一杯です。
B型だからかどうかしらないけどとにかく必要かな?というレベルはとにかく詰めとけというタイプの私には66cmくらいの方が良かったかも。まあ嫌でも荷物が減るからそれはそれで良いのですけど。

あ~ぁ、人ゴミと複雑な路線・・・どうなることやら。

2006-12-10

運が良いのか悪いのか

061210_1537~0001.jpg

今日はくっきりダブル虹が見えました。けど特に良いことは有りませんでした。

今週末は前述の通り「紙一重の男S」の結婚式用スライド作りに没頭しておりました。
木曜日は作成ソフトさがし、理想的な最終形はドラマ調にストーリーのある写真のスライドに音楽を入れ、DVDで会場のプレイヤーで公開できるようにすること。ウチに今有るソフトではイマイチ作成できそうにないので『LiFE* with PhotoCinema』の10日間体験
版を落とす。デジタルステージのソフトはホント何から何までお世話になってます。インターフェースが他のソフトと似てるので最初からスラスラ使えたし、まぁ必ず恩返しで近々製品を購入します。
金曜日は音楽、一応ドラマの有名曲を入手して、曲の前と後に前振り用に15秒程の空白を入れたかったので編集ソフトを探す。フリーでspwave for MACというのをゲット。簡単に音楽の視覚的編集が出来た。後々色々オリジナルMIX曲の作成とかにも使えそうです。但しMP3の読みは出来るが書きが出来ないのでiTunesで読み込みした後に変換。その後フォトシネマで荒く作ってみた。
でも金曜日は映画を見たりしながらだったので集中できず4時までかかった。
土曜日も映画を見たので夜からスタート、先日の低集中の二の舞は辞めようと全ての外乱をシャットアウト。おかげで3時にはプロトタイプ完成。
今日は朝からまだまだ足りない素材探しに海に出かけて撮影。これはナイスな絵が撮れた。上映したらほんの一瞬なんだけどね。
昼は疲れを取る為問屋町に行き古着屋巡りでリフレッシュ。夕方からフォトシネマで作成したプロトタイプmov形式のものをiDVDで焼付け化。実際にプレイヤーでチェックしたらやはりテレビ画面は違う。それにMさんに見てもらったら、最初涙が出るくらい笑ってくれていたにも関わらず、コメントと要望が10件くらいついた。何にしても妥協を許さないこの人に聞いた俺が悪いんだ多分。
これから修正作業です。こんな事に詳しくて好きな人なら半日もかかんないんだろうねこんな仕事は。は~っ、明日休も。

2006-12-07

引き受けたはいいが

昨日は6回、今日は2回トイレ(大)に行った。どれも100%の出来。俺のオナカどうなっとるんだ?
前から書いてましたけど来週「紙一重の男S」の結婚式で東京へ行くので泣く泣く購入することになったスーツケースが届いた。結局「RIMOWA」のサルサプラス(赤)にしました。サイズは一番小さい50×40×19cmのもの。多分来週使ったら来年1回使うかどうかといったところでしょう。
061207_1919~0001.jpg

一応色んなサイトを見て、安くても国内保証の無い並行輸入品か(もちろん購入した店は殆どが修理対応してくれる)大体1万くらい高くても国内保証の有る正規代理店経由か悩んだんだけど、どうやら並行輸入品と正規輸入品ではクオリティーに細かな差が有るらしく、日本向けは代理店の呼びかけにより日本向けクオリティーで生産されているらしいのです。
061207_1919~0002.jpg

写真はギャランティーカード
まあ電動工具メーカーのホームセンター向けと金物店向けに違いが有るのと同じ意味合いなのかな。
よって正規品を購入、安心を金で買ったような結果となった。心配性は損です、どうせ使わないから保証が切れるまで新品同様なのにね。まあ修理対応も違うから10年後に使うかもしれないしね。
一応使わないけどTASロックも付いてるし、横にも取手が付いてるから軽いときは持って歩けるし、形もカッコイイし気に入ってはいますが、どうせ東京ではこんなの山程持ってる人がいるだろうし「トゥミ」とかばっかりで古いんでしょう。まあそのへんの流行もリサーチしときましょうかね。
061207_1922~0001.jpg

それに今回はスーツで歩き回る可能性も有るかと思いブルックスブラザーズのコート(正規店では7万するらしい)をオークションで落とす。オークションと正規購入の値段に差が有り過ぎたのでこっちの場合はあまり気にしなくオークション購入を決めた。
一応普段着でも使えるようにピーコートにしたのですが、コットン製なのでちょっと普段着の上からだと寒いかも・・・重ね着するしか無いな。しかし写真は作務衣みたいになっとるな。
なんだか何かと結婚式にかこつけて金を使ってるような、実際に使うより準備に使う方がはるかに多い、向こうで使う金がなくなったらどうしょ~。

今の悩みが来週の結婚式でのプレゼント的企画として「常に頭フル回転のMさん」が、Sのスライドショーを作ろうぜと持ちかけて来た。以前に年賀状変わりに作ったのを評価してくれて俺に頼んでいるのではあろうけれども「困った~」ネタも無いし大画面用に作れるソフトも無い。これまたどうしょ~。

明日は仕事休んで一日それを作りに励む予定です。何てやさしくてやらしい先輩なんだ俺。

2006-12-06

忙しい仕事以外の事

この土曜日は忘年会がありネタも豊富だったのに火、水の運転に備えて体力温存してたので書き込みが出来なくなった。本家のページ同様にココのページも月2くらいの更新になってくるかも。
こんな俺に先日友人から「mixi」のお誘いが、ん~また登録にパスワードに取説読んだり…とりあえず何となく解答はスルーしときましょうかね。
まず土曜日の話をしますと忘年会はハードで帰るのは結局4時だった。
みんな楽しそうに飲むわ飲むわ、ホントうらやましか、下の写真はビールをイチイチ頼むのが面倒でやかんに入れてもらった写真。まあ俺は料理楽しめたからいいけど。
061202_2045~0001.jpg

そういえば最近は「俺も飲んで次の日まで車で寝てればいいか」と考えが変わってきていたんだけれど、結局冷静な俺が酒を飲むことを許さなかった。最後の店では久々に女の人と話す機会があったのだが、その人がまぁ何ともユルくて悩みや自慢を聞かされ最初のうちは真面目に受け答えしてたのだが、俺の会話の内容をとても理解できているとは思えないし内容もつまらんしで多分酔ってんだろうと思い、俺も適当に流して答えてた。多分同じ歳くらいなんだろうけど、もしこれがシラフな意見だとすればとてもじゃないけど同じように時間を消費してきたとは思えない程俺とは違った世界の人。というか時間の使い方なんて人の考え次第だから否定も肯定もできないので腹を立てることすら無駄、俺は単純にコイツ楽でいいな~と思うことにした。まあ俺の目につかない所でせいぜいお気楽人生を歩んで下さい、誰も巻き込まないように。

日曜日は紹介してもらった美容室で散髪。ホントは伸びる→坊主→伸びる→耳周りだけ適当に人に切ってもらう→もっと伸びる→坊主ってのがパターンなんだけど、再来週の結婚式の為、金をかけることにした、しかもパーマネントまでしちゃった。どこでも何故かパーマをかけるとこっちが毎日ワックスでキメると思われるらしく超緩やかパーマばかりあてられるので今回はキツ目にした、手入れしないとボンッて成りますよと言われていたが、その通り今は天然パーマみたいにボンって成ってる。
最初どんな髪型にするか決めるとき「前髪はアシベにして」と何度もアドバイスされ、「少年アシベってどんな髪型じゃったかな~」と考えていたら(ホントよこれ)良く聞いてみると「アシメ」アシンメトリーのことだった。とにかくお任せで納得な髪型になった。

今週から念願の暇期に入ると思っていたのにあの「紙一重の男S」の結婚式の為とんでも無い出費ととんでもない事を引き受けてしまい、仕事どころでは無くなりそうだ。
また長くなりそうなので今日はココまでにしときましょう。

2006-12-01

今日の本10

アキハバラ@DEEP アキハバラ@DEEP
石田 衣良 (2006/09)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


ようやく忙しいのも終わり、これからは当分平和な日々が続きそうですが、その平凡な仕事にも何かを見出さないといけないのではという考えを持ち出す程10年というキャリアに勝手に重みを感じている今日このごろ。
今回の本はまたまた登場「石田衣良」著の「アキハバラ@DEEP」です。
呉にいるときに酒をのんでしまい寝れなくなり、その時に8割をよんでしまい、おかげで2時間程しか寝れず、しかも寝れなかったのを酒のせいにして同情を買い、仕事をサボるというテクを発見したというありがたい一冊です。
内容はと言いますと、アキハバラを生活の拠点にするページ、タイコ、ボックスはそれぞれに吃音、女性恐怖症、潔癖性、謎のフリーズ現象などハンデを持つが、それぞれの得意な分野を生かして、何とか楽しく生活をしていた。あるとき引きこもりから3人を救い3人を引き合わせた人生相談サイト「ユイのライフガード」を通じてメイド喫茶で飛び抜けた美貌と男を寄せ付けない異彩を放つ女戦闘服マニアのアキラと手を組み会社「アキハバラ@DEEP」を興す。そこに2人の仲間が加わりサイトを立ち上げる。その後次世代検索エンジンの作成にとりかかり忙しく金はなくとも協力し合いながら楽しい仕事の時間過ごす。そして遂に完成したベータ板が話題を呼び、開発も終盤にさしかかった頃、ITの申し子として名を馳せる大富豪の社長と700の傘下会社を持つデジタルキャピタルグループが検索エンジンを手にいれようとあらゆる手段で襲いかかる。メンバーは次世代エンジンを守ることが出来るのか。「アキハバラ@DEEP」の存続はいかに。
といった内容(背表紙よりちょっと大目に明かして申し訳ないです)。
この人達は普通に飛び抜けた物を持っていない私からすると、マイナスな面はあっても飛び抜けた物を持っていて逆にうらやましく思います。なんかこの時代の最先端秋葉原での出来事なのに、むしろそこに根付いている人達がそれぞれの居心地の良さを秋葉原に持っていてなぜかそこに情緒を感じるというか、オタクだろうが何だろうがそこを好きになるってホント良いことなんでしょうね。パソコン好きにはたまらない知識やITバブルの背景なども分かってなかなか読みごたえのある作品でした。今度東京に行く機会があるのですがまず秋葉原に行こうと思ってます。
ではでは次回は呉れでの面白エピソードでも書きましょうかね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。