--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-24

BIANCHIのFRETTAについて考察

本当に久しぶりに書きます。mixiでは書けないことや自転車、車、バイクのことについてはココに書こうと思ってます。

では本文、1年前の冬思いつきでフォールディング(折りたたみ)自転車を買おうってことになり、DAHONやCLEANSPEEDなど「走る」折りたたみを考えていたのですが、サイクルモード大阪の帰りに寄った大阪の有名な自転車屋さんでBIANCHIFRETTA(フレッタ)を見て、あまり眼中に無かったBD-1とは違うその配色の鮮やかさに惹かれ、持ってるロードもビアンキだからってこともあり、フレッタが気になって気になってしょうがなく、買うことにしました。

んで購入は近所のオシャレな自転車屋で購入しました。BIANCHIでもミニベロなどは本国生産なのか半年くらい届くのにかかるのですが、フレッタは数日で到着でした。もちろん色はチェレステ。今考えたらライムグリーンの方が良かったかなぁと思っています。

んで自転車屋さんではたたみ方をざっくり教えてもらっただけでした。これが間違いたたむ度に何処かに何かがひっかかり、傷が付き半年もしないうちに上品な自転車は無惨な傷だらけの自転車になってしまっていました。もっと早くから頭使ってれば良かったのですが…

ってことで、コレから購入を考えている人に少しでも参考になればと思い、いろいろたたみ方や傷の理由を調べてみました。やっぱり自転車はずっとキレイな方がイイですもんね。

ではワタシのフレッタちゃんを見てみましょう
フレッタ
なんか画像が悪くて申し訳無いですけど…

傷はPICT4238.jpg
右後ろのスイングアーム上。傷ガードの上に大量についています。

この傷の理由は…
PICT4243.jpg
たたんでいる途中を上から見てみました。このようにチェーンがフロントギアから外れてスイングアームとの隙間に入り込んでいるのが分かります。このままたたんでしまうと上の写真のようになってしまいます。

ディレイラー側を上から見ます。
PICT4245.jpg
ディレイラーが「LOW」となっている為、チェーンに角度がつき、たたんで反転した時にフロントがギアの上の方で外れてしまい、スイングアームとフロントギアに挟まれ、傷がついていたようです。

ですから対策としては「たたむ際はかならずHIGH(一番外)にしておく」となります。

PICT4244.jpg
こんな感じでHIGHでたたむとちゃんとチェーン傷ガードの上にチェーンが乗ってますね。

んで次の傷は
PICT4240.jpg
左後ろのスイングアームんところです。なんでこんなところが…って感じです。

この傷の理由は…
PICT4249.jpg
このようにたたんで後ろが反転する際になんとクランクがロックし回らなくなりクランクとフレームが干渉しているんですね。
PICT4248.jpg
とここで疑問、別にペダルを手で押さえているわけではありません。なのにクランクがロックしてしまう。たたむ動作もココで止まってしまいます。ここで頭が悪いのでココで何故なのか考えなかったのが悪い。

クランクがロックしてしまう→何かがどこかに挟まっている…→チェーン?
そうなんです、前の理由でもありましたチェーンのフレームとの干渉、これによりチェーンもハブもクランクもロックしてしまい、干渉しているのにもかかわらず「オカしいなぁ」と思いながら無理矢理たたもうとした結果がクランクがフレームに余計な力を加えてしまいこの結果です。なんとも情けない話。
そしてクランクがこの位置にくるのも原因の一つであります。
後ろを反転させる前からクランクとペダルの位置を考えておかなければいけません、これは後述の前輪に対しての傷にも影響があります。

ワタシがやってみて一番良いと思った折りたたみ前のベストペダル位置は…
PICT4251.jpg
この位置です。右のペダルをトップに持っていきます。
この位置からたたむと…
PICT4252.jpg
こんな感じで右のペダルが後ろにきます。

ちなみに…
PICT4253.jpg
右のペダルをボトムにして折りたたむと…
PICT4254.jpg
右のペダルが前にきます。
この状態でフロントを折りたたむと…

PICT4241.jpg
このようにフロントフォークが右ペダルに干渉し傷をつけてしまうのですね。

右のペダルが後ろにあると…
PICT4256.jpg
ディレイラーは少し邪魔ですが、ペダルに干渉することはなくなります。

とまぁこんな感じです。半年も原因を考えず、適当にたたんでいたのがこの結果です。これからは大事に乗ってあげたいですね。良い自転車だと思うから。では




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。